もはや女性の闇?エセフェミニストの理解不能な主張26パターン

2019年08月13日 00:32

日常生活をしているとなかなか遭遇しないレアキャラである「ついフェミ」という生物をご存知でしょうか?自分のくだらなさ、不甲斐なさをひたすら男性へ責任転嫁し、Twitterで吠えるモテない女性…それがついフェミ。今回は、そんな物珍しいついフェミの面白発言についてご紹介します。



【1】「女」が含まれる漢字に差別と吠えまくる

あまり勉強をしてこなかった「ついフェミ」のみなさまがやたら吠える事例の1つが漢字。漢字の成り立ちなんて想像もできず、「妊娠」はなんで女だけなの?と吠えたところまではよかったのですが、漢字の成り立ちを説明され、情けない言い訳で逃走してしまうのがついフェミの特徴です。

基本的に学がない女性が多いですので、矛盾や学術的なツッコミを入れられてしまうとブロックを行いますが、こちらは仕様になりますので、あまりお気になさらないようお願いいたします。

【2】女に役割を押し付けるな!と、力仕事は押し付けつつ吠えまくる

よほど社会が見えていないのか、すべてにおいて自分の思い通りの環境がないと、押し付けられていると感じるのが「ついフェミ」の特徴です。

ちなみに、育児などは「押し付けられている」とのことで、フェミニストのみなさまからすると、子育ては嫌々やっているものらしいようですよ。

ちなみに、汚れる系の仕事はほとんど女性はやらず、男性に押し付けていますが、都合の悪いことは一切見えないようですね。

【3】名前を後ろに書かれるのが耐えられないと病的に吠える

ついフェミのみなさまは「平等」を目指しているのかと思いきや、女性優遇に関しては一切口に出さないところが大きな特徴。ちなみに、名前を後ろに書かれるのが耐えられない!と叫ぶタイプもいるようです。

ちょっと私も意味がわからないのですが、連名の場合で女性がたいてい後ろに書かれるため、私は結婚できない 結婚したくないとのことで、器の小ささを極限までアピールしてくるところが、眺めていて面白いですよね。

【4】女性だけの街を作るべき!でもインフラは男性が作ってね!と吠える

女性だけの街が欲しいと妙に主張するのが「ついフェミ」の特徴ではあるのですが、そもそもインフラ周りなどの職種って男性が多いと思いませんか?

とても街を女性だけで運用できるとは思えない…と考えていたら「都市機能が回らない場合は男性の手が必要になる。男性が女性専用の街など知らないという態度をとることこそ、女性差別」と、もはや何を言っているのかさっぱりわからないことを呟くところが、ついフェミの特徴です。

辛いことは男性に押し付ける!という差別丸出しのツイートをしていることすら、ついフェミのみなさまは気づかないので、世間から嫌われるのでしょう。

力仕事など自分がやりたくない仕事を押し付けあって険悪になる街が想像できますね。



【5】若い女性の価値を評価することは、女を怯えさせて自尊心を奪うための言葉と吠える

「ついフェミ」のみなさまの平均年齢が高いためか、若い女性にちやほやする男性にはとにかく吠えるもの。一度はその「ちやほやされる時期」を経験をしたにも関わらず、その時期が終わった途端、それはダメだ!と若い女性からチャンスを奪おうとする性格の悪さは、さすが「ついフェミ」というべきところ。

ところで、誰も頼んでもいないのに、必死にみっともない若作りを行なっているのは女性の勝手のような気がしますが、にも関わらず、「若作りしないといけないのはすべては男性のせい!」と主張するその姿は年齢関係なしに醜いの一言のような気がしますよね。

ところで、男性が嫌いなのだから、他の若い女性に目が行く事はむしろ喜ばしいことでは?という、正論は言ってはいけません。哀れな現実に気づいて、また発狂してしまいます。

【6】日本では顔で判断される!海外では中身で判断されるから脱出しよう!と自分への慰めを吠える

何を思ってこのような妄想に駆られるのかは不明ですが、海外は楽園のような国で、日本がただゴミなんだ!と、自分が評価されないことを自国のせいにする人が「ついフェミ」の特徴として見られます。

海外の男子中学生が「海外でも見た目で判断されるけど?」と、「ついフェミ」の都合のいい妄想にツッコミを入れたところ、大人気なく中学生にも吠えまくる「the 日本の恥」というべき、恥さらしな「ついフェミ」がいましたが、今も元気でやっているのでしょうか(遠い目)

中身がよい、つまり性格のいい女性は「海外は性格で判断される!海外に行こう!」なんていいませんので、中身も外見もどうしようもない方だったのかもしれませんね。

ちなみに、他の「ついフェミ」の方も同じようなことを語っていましたが、外国に行かないのは英語ができないからと断念したとのことです。

英語ができない理由は学校教育がポンコツだからとのこと。自分のポンコツぶりを人のせいにするのも「ついフェミ」のみなさまに見られる症例ですよね。

海外の男性から「ブスを押し付けるのはやめてくれ」と日本にクレームが来た際、どのように回答したらいいか悩むところですね。

【7】ヤンキーは女性差別しない!と吠える

どういうわけか、「ついフェミ」のみなさまは自身のオタクぶりはさておき、男性のオタクを軽視するところがあるようで、「オタクは女叩きがひどい!ヤンキーは女性差別しない!」と、モテない女特有の妄想を繰り広げるところがあるようです。

そもそも、男性の知り合いがいるのか?というところから話を始めたいところですが、漫画かテレビを見て妄想をこじられまくっているためか、このような発言をしがちです。

私の予想では「話かけんなよ、ブスが」と言われるまでが、1パッケージかな?と推測しておりますが、いかがでしょうか。

ちなみに、知人のヤンキーは美人ばかりとしか付き合っておらず「女は顔」と即答していましたので、ま〜たついフェミの妄想(笑)とみなさまに笑われていることでしょう。

【8】「日本人男性は白人男性に比較できないレベルで劣ってるが、日本人女性は白人女性に負けず劣らずだと思う」と妄言を吐いてしまう

大した価値もないのに、自分たちだけは非常に価値のある存在だと主張したがるところが「ついフェミ」の特徴の1つです。こんなナルシズム丸出しの恥ずかしい主張をする人間を製造した親はどんな顔をしているのか?とむしろそっちの方が気になりますよね。

この手の「ついフェミ」のみなさまは、「日本人女性を国外に退避されたい」と主張しておりますが、一部の女性が海外へ移住した後、その後に残った女性の外見平均をとると、綺麗さがかなり向上しそうな予感がしますので、むしろ男性にとってはメリットが多そうですよね。

ちなみに、海外へ移住できなかった理由は、「語学を一生懸命勉強しても、まともに覚えることができなかった」とのことで、オチとしても非常にすばらしい「ついフェミ」さんでした。

海外の男性もそんな頭の悪い人はお断りだと思いますが…。

【9】男女平等なら、東大合格者は全員女性と吠えてしまう

知能のコンプレックスを払拭したいためか、わざわざ東大を持ち出すところが「ついフェミ」さんらしい主張ですよね。

東京大学の入試には性別を記載する欄はありませんが、調べもせず語る知能である以上、どう見積もっても東大合格者は全員女性なんてありえないとみなさまは感じたのではないでしょうか。

こういう、しょうもない嘘ばかりつく人は基本的に管理職にはなれませんので、女性の管理職が少ないのも虚言癖が原因かもしれませんね。

【10】「女性は男性より優遇されて初めて平等」と意味不明な供述を始めてしまう

女性には身体的な負担があるから、優遇されてこそ平等」という理解不能な供述を始めるところが「ついフェミ」の特徴です。

指摘される女性の身体的な負担とは「月経、妊娠、出産という人間社会を維持する上で不可欠なもの」らしいのですが、人間社会を維持するために、男性が負担している汚れ仕事に関しては一切触れないところが香ばしくて「ついフェミ」さんらしいですよね。

身体的負担を主張すると、就職の採用において男性よりも能力が劣るから、女性の採用率を下げて良いという合理的判断に至る危険性を招くということを、「ついフェミ」さんの頭では想像がつきませんので、女性を援護しようとした結果が、逆に一生懸命努力する女性の足をどんどんを引っ張って行くという、皮肉な結果となっております。

ところで、その出産には男性が必要不可欠ですが、その男性を叩くことに没頭している姿を見ていると、人間社会を維持したいという主張に疑問が残りますよね。



【11】必死に数値で語る割には不都合なデータには感情論で応酬しちゃう。

「ついフェミ」のみなさまが大好きな物の1つが、痴漢、犯罪の発生率など男女差を表すグラフ。

論拠がある!男性が悪い!!とブヒブヒ言いはするものの、逆に独身女性に不利な統計結果である「統計上、男性の所得増と女性の所得減が婚姻形成に影響する。よって、独身税を女性に課すとよい」という意見には「気持ち悪い!」などの感情論でしか、応酬できないところが例のごとく数学ができない「ついフェミ」の特徴です。

もちろん、何故無関係な私たちへ課税されないといけないのだ!という意見は「ついフェミ」のみなさまのおっしゃるとおりなのですが、それは「女性専用車両という一部の無関係な男性に不利益を押し付けることと同じ」ということに気づかない時点で、やはり頭が弱いようです。

ちなみに、「ついフェミ」のみなさまは「ジェンダーギャップ指数」の意味すらわからず、日本の順位が低い!差別が多い日本!と主張してしまう小学生以下の数学のレベルですので、ちょっと統計を使うには早い印象がありますよね。

【12】反論に行き詰まると「お前モテないだろ?」といっちゃう

「ついフェミ」のみなさまはネットでは「イケてる女」を演出してるのか、ついイラっとすると相手に「お前モテないだろ?」なんて言ってしまう生き物。

「ついフェミ」のみなさまのツイートを見る以上「どれだけ悲惨な人生をあゆむとここまで拗らせるのか…」と、誰もが感じてしまうかと思いますが、ただそれでもなお「お前モテないだろ?」と、恥ずかしげもなく言えるところはとても素敵ですよね。

むしろ、このような素敵なところは男性のみなさまも見習うべき点ではありますが、男性のみなさまはどうしても「小汚いおばさんのくせに、まさか相手にモテないだろ?って言えちゃうとは…」と、自身の美学のために真似できないところがありますので、少しは男性も勇気を持ったほうがよいのでは…と思ったりもします。

【13】男性に守られる女性に対して嫉妬で発狂しだす

昔に比べてこの不景気な世の中では、専業主婦になれるということ自体、恵まれた環境になってきていますよね。そんな専業主婦が「男性のおかげで自分は専業主婦でいられる」なんて発言をしようものなら、嫉妬で発狂しだすのが「ついフェミ」の行動パターンです。

フェミニズムがあるから専業主婦の地位が向上する」という、押し付けがましい上に誰も頼んでいないことを主張し、自分は崇高なのだと自分で自分を慰める哀れな行動を見ていると、何だか悲しい気持ちになってしまいますよね。

基本的に賢い女性は男性を立てて気分よく働かせ、家族全体をうまく調整しつつ幸せを育んでいることに対し、頭の悪い女性はとにかく男性と張り合い続けた結果、誰にも守ってもらえず、あげくの果てに熟年独身になるようです。

ちなみに、「ついフェミ」がツイッターで吠える行動心理の根底には、男性なんていらないといいつつ本当は守ってもらいたいというものがあり、ただ魅力が足りず守ってもらえないので、結果として発狂しているようですよ。

僻みが原動力というのも何かと悲しい人生ですよね。

【14】「女性の笑顔が好き」という男性の意見にすら発狂する

「ついフェミ」のみなさまは、男性の好みの主張すら「女性を物扱いしている」と感じる不思議な思想の持ち主

誰も「あなたの笑顔が好き」なんて言ってないにも関わらず、ここまで自分のことかのように発狂する姿はまさに典型的な非モテ女子そのものですよね。

世の中に溢れている「女性による好きな男性のタイプ」に関しては、特に物扱いとして認識できない思考回路があるあたり、やはりどこか精神に問題があるのかもしれませんね。

【15】日本の男性は家事しなさすぎ!と、どこからか持って来たグラフを添付して発狂する

男性嫌いで結婚なんてもってのほか!と主張される「ついフェミ」のみなさまが、誰にも結婚してもらえな…結婚の希望すらないのにも関わらず発狂するテーマが家事

どうして自身に一切不利益が発生する予定もない家事で発狂するのかはよくわかりませんが、女性の労働時間が諸外国に比べて明らかに少ないにも関わらず、家事の時間で発狂するところは、知性がいまひとつと言われる所以ですよね。

ちなみに、労働時間が少ない件については、多くの「ついフェミ」が非正規で働くレベルですので、当然文句が言えるはずもなく…。

ところで、ついフェミのみなさまって家事をしてるのでしょうかね?してるとしても独身なのでただただ自分のためだと思いますが、何を発狂してるのでしょうか…?



【16】日本人として生きてることが本当に恥ずかしいと嘆いちゃう

そもそも「ついフェミ」というすでに恥ずかしい存在にも関わらず、何故か日本人として生きてることが本当に恥ずかしいと嘆いてしまうのも、「ついフェミ」の大きな特徴です。

むしろ一般人からすると、日本に「ついフェミ」という存在がいること自体が恥ずかしいものですが、もしかしたら恥ずかしいの基準が一般的な日本人とは違うのかもしれませんよね。

できれば、早いところ国籍でも変えたらいいのに…と思いましたが、よくよく考えたら【6】にあるとおり、ポンコツなので無理とのことでした。本当に恥ずかしい人たちのようです…。

【17】男にランクづけをするくせに、中古と言われることに発狂する

結論からいくと「新品は発狂しない」ので、中古な女性の意見なのかと思いますが、「女性の身体に値段(??)をつけないで!男性に「使われる」ための身体じゃない」との主張のようです。

男性に年収、学歴、身長で値段をつけるにも関わらず、自身につけられるのは許せないと、もはや何様なのか?と言いたくなる主張をするのも「ついフェミ」の特徴です。

男性に値段をつけている以上、もちろん平等に女性にも値段をつける。中古の型落ちなんて男性は欲しくないので、納税証明書と同様に新品証明書でも発行すべきじゃないかなと個人的には感じますけどね。

【18】「嘘松」とは女性を抑圧させる手口と主張してしまう

「ついフェミ」のみなさまは、自分の主張を通すためには、とにかく嘘を連発する。都合の悪いエビデンスは隠してしまうという虚言癖の総合商社的な存在と自覚があるためか、「嘘松」と言われると極端にムキになる生き物です。

「嘘松」という言葉は、特に性別を問わず使う言葉にも関わらず、「女性を」と性別を限定したあたり、自分たちの嘘に自覚があることがバレてしまうという情けない発言をしてしまうのも「ついフェミ」ならではです。

よほど自分の虚言癖に突っ込まれたのが悔しかったのか、女性限定ではない言葉にまで女性蔑視と吠えてしまい、自らの正体をご丁寧にアピールするところは、ある意味正直者なのかもしれませんね。虚言癖で正直者という意味がわからない状況ではありますが…

【19】男性が女性に話しかけるのは、有償でいいのではないかと主張してしまう

これまでの「ついフェミ」のみなさまの行動から、基本的に価値のない自分に、あたかも価値があると勘違いをしている、または価値があると思いたいからこその主張が多く見られましたが、今回のパターンも同様で「そもそも男性から声かからないだろ?」としか思えない人物であっても、このような大物ぶった主張をしてしまうところが「ついフェミ」の特徴です。

もちろん、この主張される方が「石原さとみ」であれば、きっと文句を言う男性も少ないのではないかと思いますが、男性から価値があると判断されず、孤独を愛する人生となった「ついフェミ」には当然文句の1つも言いたくなるのが男心。

美人に生意気を言われる分には全然問題ない…こういうところは男性の素直な部分ではありますが、嫉妬に狂った「ついフェミ」のみなさまの次の一手は「ルッキズム」という単語です。

ルッキズムという単語を使う「ついフェミ」の方を見かけたら、もれなく外見が悪いということですので、少しは優しい目線で見てあげるのも優しさかもしれませんね。



【20】男性目線の広告を見ると暴力を受けている気持ちになると語り出す

はい、病院に行ってください!としか言いようのない主張でも、あたかも自分は正しい主張をしてるのだと言わんばかりに語れる厚顔無恥な生き物が「ついフェミ」の特徴です。

広告というのは、ターゲットをセグメントした上で配信するもので、男性の顧客が欲しければ男性向けに、女性の顧客が欲しければ女性向けの広告を作ります。

当然、女性向けの広告(女性向けの「ドロっと◯◯」とか、最低なCMですよね)も大量にありますが、男性向けだけは許せないということを自然な感情として持つあたり、生まれ持ったレイシストと呼ばれる属性なのかもしれませんね。

民度の低い人たちが「ついフェミ」に集結するのはなぜなのでしょうかね。ついフェミだから民度が低いのか、民度が低いから「ついフェミ」なのか、謎は深まるばかりです。

【21】専業主婦で家事も何もしない妻への愚痴を書いただけで「お前が作ればいいのでは?」と理解不能な批判をしてしまう

女性に家事ばかりさせるなという主張を定期的に繰り返す「ついフェミ」ですが、一方で仕事もせず、家事もしない女性に対しても援護してくれる、女性のやることであればすべて援護してしまうところが「ついフェミ」の特徴ですよね。

仕事もしない、家事もしない女性について愚痴る男性にたいして「仕事だけしてればいい時代とは違うんです」なんて言ってしまうついフェミの方もいらっしゃるようですが、「家事どころか仕事もしていない女性」を援護するあたり、やはり根っからの差別が大好きな属性なのでしょうね。

【22】欧米を引き合いに出すが、都合が悪いことは「ここは日本だ!」とダブスタぶりを発揮する

「日本では犯罪に対する対策が遅れてる!!欧米では〜」と、あたかも欧米は常に日本よりも先を進んでいると勘違いしている「ついフェミ」。

女性専用車両がイギリスで多くの批判があったことについては「ここは日本だ!だから必要なんだ!」と、欧米をあれだけ崇拝しているにも関わらず、都合が悪いことについては「ここは日本だ!」と語ってしまう情けなさが特徴です。

あれれ?君たちの大好きで進んでいる欧米で女性専用車両に批判が出ているのだから、日本もなくそう!って声をあげなくていいのでしょうかね?

欧米と比較して日本を見下すのがフェミニストの特徴ではありますが、要は自分に都合のいいものに関しては先進的、そうでないものに関しては後進的と言ってるだけのようです。

遅れてるのはフェミニストの知的レベルだけにしてほしいですよね。

 

【23】幼い娘が父親にキスする動画を性的虐待だと主張してしまう

幼い娘がお父さんにキスする動画を、微笑ましく思ったお母さんが撮影してTwitterに投稿したものを性的虐待と主張してしまうのが「ついフェミ」。

世間のみなさまが微笑ましく思うものまで虐待と考えてしまうその思考は、世間のお母様たちへフェミニストのカルト思想ぶりをアピールしたよい事例だったのではないでしょうか。

子供もない、愛する人もいない、親の愛情なんてまともに受けてない育ちをすると、微笑ましい子供と父親のやりとりさえ、虐待に見えてくるのでしょうか?

もしかして、ついフェミの方々が言ってる差別って、ただ頭のおかしい自分への批難に対して、闇雲に叫んでいるものでは…?と思った人も多かったかもしれませんね。

ちなみに、性欲を持て余すと何でもエロく見えるものなのですが、もしかしてこのついフェミの方は、ただ一人で悶々とした結果、微笑ましいものでさえも性的に見えたのかもしれませんね。

ただの性欲モンスターに見えるのは私だけでしょうか?

【24】男のタメにオシャレしてるんじゃない!といいつつ、お金がかかってるから男性が奢るべき!と主張してしまう

女性の変なファッションについて男性が意見を言うと「男性のタメにオシャレしてるんじゃないんだけど!」と、即座にブチギレる人間の小さいフェミニストのみなさま。

ところが、不思議なことに「ファッションやメイクにお金がかかるんだから、デートでは男性が奢るべき!」と変わった主張をしてしまうのが面白いところ。

別に男性のためではないのだから、恩着せがましく「お金がかかってる」なんて言われても、意味がわかりませんよね。

それ以前に、男性の無縁の人生のくせにデートの負担割合やオシャレなどを語ること自体、過ぎた妄想であることをどの男性も突っ込まないところが、男性の懐の大きさなのかな?と私は思いますがいかがでしょうか。

【25】ルッキズムを批判しつつ、何故か男性にブサイクだろ?なんて言ってしまう

「フェミニストとモテないことは関係ない!」と、ブスっぽいセリフを連発しつつ、さりげなくモテたとか、美人と言われたなんて悲しい一人芝居のツイートをしてしまうのが、ついフェミの特徴です。

わかります。ネット上の自分だけは美人でありたくて、そして論敵にブサイクとのレッテルを貼りたいという欲望があることはよくわかります。

でも、現実の自身の容姿の関係上、ルッキズム批判を行わないと自分は救われない…という、哀れなジレンマの中でいきるツイフェミのみなさま、その矛盾に満ちた理解不能なツイートを見るたびに胸が痛くなりますので、さりげなくモテ自慢なんて入れないようが、女性として素敵な気がしますので、まずは心から美人になるのはいかがでしょうか。

【2019-08-13 追記しました】

【26】子供向けフィギュアを下から覗いて、パンツが見える!とわめき散らしてしまう

子供の教育に悪い!といいつつ、自分の変態性を抑えられないのか、わざわざ子供向けフィギュアをスカートの下から覗いて「パンツが見える!メーカーは何を考えてるんだ!」と叫ぶのが気持ち悪いフェミ二ストの特徴です。子供からすれば、当たり前の造形で何とも思わないものでも、変態的な視点で見ないと気が済まないのか、わざわざ気持ち悪い視点で子供のおもちゃを見ずにはいられないところは、腐女子に通じるところがありそうですね。

性的な目で〜!とよく叫ぶフェミニストですが、その正体は自分がただ変態でしたという答え合わせだったと思うと、お子さんもかわいそうに感じてしまいますよね。

 

 

いかがでしたか。

エセフェミニスト、通称「ついフェミ」のみなさまの面白発言を挙げればキリがありませんが、次々に驚愕の主張をしてくれるあたり、ある意味でのエンターテイナーと言えるのかもしれませんね。

 

面白いエピソードなどがありましたら、コメント欄へ投稿していただけると参考にして面白いものは追記いたしますので、もし見かけましたらご協力いただけると幸いです。



よかったら拡散してくれると嬉しいです

LINEで送る このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

全て納得です。
フェミの方々には国外に出て行くか身の程をわきまえて欲しい。
これはツイフェミを潰せる良いページですね
女の方が男より優れているとかいう社長も追加で。
アメリカ版センター試験では男の方が受験者少ないのにもかかわらず優秀者ほとんど男ですからねぇ。
まぁ女性は下駄を履かせてもらってようやく難関大学に入れてもらってるわけなので大学の男女比は5:5なんですけどね。
社長×主張○
誤字すいません。
>エセフェミニスト
>日常生活をしているとなかなか遭遇しないレアキャラである「ついフェミ」

一番問題なのは、これらを薄めた「一般女性」が多いということです。

例えば、専業主婦で家事分担して欲しいが7割

こういった女性と結婚すると男性は地獄を見ます
↑ひどすぎる 
男は奴隷のような扱いを受けることによりようやく平等になるらしい。
この国も取り返しのつかない流れに乗り始めた。
法律での圧倒的男性不利はもはや男の人権など必要無いかのよう。
女性を守る法律がいつしか男から人権を奪うものへと変化した。
男尊女卑を無くそうという流れは今後も強く、いや、より強く進んで行くのは明らか。
ある者はまだまだ日本は男尊女卑国家であると主張するが、今、女性の声はとてつもなく大きい。
ひと昔とは状況が違いすぎる。
次々と女性のみのことを考慮して物事を決定して行く流れは大きくなり、露骨に女性が被害を受けるようなマネは今では絶対に許されない。
明るみに出れば、どんな権力者だとしても社会的に大きな制裁が下される。
対し、男性の被害の場合は、訴えたとしてもまともに取り合ってもらうことさえできない。
"人間"としては見て貰えない。
"男"として見られ、軽視される。
フェミニズムの目指す男女平等の片鱗である。
これらは今後も続くどころか、悪化していく一方で、大学での女性のみへの資金援助、企業の数合わせのための積極的な女性雇用、昇進、これらアファーマティブアクションは、今後も続いていく。
上記のアファーマティブアクションは、言うなれば、合法的に、表立って自由に性差別を出来るものでしかない。
表立って男性が優位な条件を作ることが許されない今、一方的に女性のみが優位な状況に置かれているのはおかしいことであると認識するべきである。
私には理学研究をしている友人がいるのだが、女性専用の賞を作ろうという話まであるらしい。
例え同じレベルの研究成果を出したとしても、女性の方が評価されるようだ。
それ以外でも、こういった女性特有の権利は増えていく。
その一方で、恐らく男への理不尽な法律や規則、認識は残り続ける。
男性優位な物があれば、即座に廃止。
もはや後戻りなどできない段階まで来ている。
男は性別としての仲間意識が女性よりも極端に低い。
故、不当な扱いを受けても実際に声を上げるものは少ない。いや、現状の流れで声をあげようものなら、むしろ批判を受ける可能性さえある。
「この国はまだまだ男尊女卑国家である」「女性の方が不快な思いをしている」と。
男は身を守るために黙るしかない。
これが悪循環となり、今よりも男性の立場は失われていく。
ただ、女性からすれば、それが当然かのように思えるらしい。
もちろんそうでない女性もいるのは確かだが、それを言うのなら、女性の方が男性に対して一括りにまとめて見下し、過激な態度をとる人間がほんとうに多い。
ごく自然に男を見下す女性も多くなっている。
上のコメントにあるように、平気で女性の方が男性よりも優秀である、と言ってのける人間までいる。
日本が男性のせいで女性が出世できないというのなら、平等だと言うアメリカ他海外の大企業の管理職比率等を見てもらいたい。
海外でも不平等?
それならば起業をするべきだ。本当に自分が優秀ならば起業すればいい。
ただ、起業で成功した人間も男の方が比率が圧倒的に高い。
この事実までも不平等とまで言いだすのだろうか。
自分の実力不足を世間のせいにする女性は中途半端に他人より仕事ができる人間に多い。
男は過剰に優遇されている、自分の方が能力が高いんだ、と、自己に言い聞かせて、若しくは、周りを見下しながら生きている。
そんな典型を何度も見てきた。
だが、経験上、本当に優秀ならばそんな事は考えない。そもそも男女という垣根で思考する発想がない。
男性は生まれながらにしてズルく、劣っていて、罪人である。
この認識を広げるのが過激なフェミニズムの役割なのだろう。
この流れでは、今後の世代も、よりそういった感覚の女性は増えていく。
上のコメントのように、所謂"一般的な感覚"というラインまでも男性蔑視というラインまで落ち込むのは目に見えた話。

女性は言う。
性別を考えずに正当な論理のもとで評価され、判断されることが男女平等というものだ。
その通りだ。
そして、これは男性の立場からそっくりそのままお返ししたい話である。
ここのコメント見ても感じるけど無意識に男・女性表記してる辺りやっぱり差別意識が抜けてないんだなって。皮肉なのかもしれんけど。
女性の方が偉いから女性、男は男性なんて呼ばれない。男は男。
こういう女が多いんだなこれが。
クソフェミ女共はナチュラルにこうだから。
そりゃ男側も卑屈になるやつは増えるわ。
女は弱者の皮を借りた陰湿ないじめっ子と同じ。
共働きで家事分担はわかるけど専業主婦で家事手伝えはさすがに狂ってる。
そんなん楽したいだけだろ。
ほんと女王様気分の女が増えた。
そりゃ結婚率も下がるわ。
これからも下がり続けるし少子化は止まらない、日本はもう終わりだよ。
1    2    3    4    5    6    7    8    9  



最近の投稿されたコメント

別れたらいいのではないですか。 頭を使ってください。


寄生虫? 甲斐性のない旦那に離婚して欲しいと伝えても相手が頑として応じてくれない場合、もうほんと死んでくれないかなと思うケースもありますが。


今日酒に酔いタクシー待って、独り言呟いたら鴨居バカな勘違い女がマッポ連れて方来た。いざ、独り言呟いたらバカな勘違い女は自分のことと早とちり。いるんだなぁ~勘違いバカ女悪いが頭悪そうなんだ!


なんで数年前まで女だったからってだけで若くて子供産めて性的にも排泄しやすいちゃんとした女と同等に扱ってもらえると思うのか 自分が経年劣化で使い物にならなくなった自覚がないのかね


フェミおばさんは、都合が悪いものはブロックなので、見ないと思われ


遊ぶ分にはいいけど、一生一緒に居たくないんだろな。 せっかくの結婚だから、いい女と結婚したいと思うことが自然だし


確かに若いときモテてた女って、まだ当時の価値と勘違いするところがあるな


若く見えるになんの意味があるんだ?戸籍上の実年齢が減るのか?


看護師とかバツイチが多いけど、基本的にきつい人が多い。帰宅して、あんなのが家にいると思うと地獄だもん。


アラサーで彼氏が絶えない人がいるけど、結局、誰も結婚してあげないのはなんなんだろう。男性側が手垢を拒むからだろうか?


このサイトについて

ご意見・ネタ提供などお待ちしております。

   
Copyright 2017 ぽんぴん All rights reserved